バルーンアートのやさしい作り方サイト!キュッとバルーン

トップページ
バルーンアートの作り方
バルーンアートの掲示板
バルーンアートのリンク

スポンサードリンク

 

クマで練習

 

クマでしぼりひねりの練習をしましょう。
顔を作るときに連続でバブルをひねっていくので、
最初のバブルをしっかり小指で押さえておくのを忘れないでください。

 

260の風船に60cmほど空気を入れてください。
ちょっとほぐして風船のしっぽが13cm余るぐらいです。

 

※各バブルに番号を付けておきます

 

まず5cmのバブル(1)を作ります。これは鼻になります。
続けて4cmのバブル(2)を作ります。これは後頭部になります。

 

さらに続けて5cm、3cm、7cm、3cm、5cmと5つのバブル(3〜7)を作ります。
これらは両ほっぺ(3、7)、頭(5)、耳(4、6)になります。

 

  

両ほっぺ(3、7)を引き合わせてまとめてひねります。

ここにいたるまで鼻(1)のバブルを小指でしっかり押さえていてください。

 

  

プードルのときと同じようにバブルの輪の中に鼻だけを突っ込んでください。
後頭部(2)はくぐらせず残して置いてください。

 

  

耳を作ります。
その状態を片手で維持したまま、バブル(6)をしぼりひねりにしてください。

 

  

バブル(4)もしぼりひねりにしてください。

両耳が出来たら鼻は固定されているので手を離しても結構です。

 

クマの頭が出来ました。

ポイント: しぼりひねりの向きを調節してください。

 

次は体を作ります。

6cmのバブルを4つ作ってください。
これが手足(8、9、10、11)になります。

 

  

8と11を引き寄せて首のところでまとめてひねり合わせてください。

 

  

首から伸びているバルーンで10cmのバブル(12)を作って
これがお腹になるように9、10の間に寄せてください。

 

  

そのまま10cmのバブル(13)を作って首のとこまで持っていって
バルーンをからめてください。

 

  

余ったバルーンは空気を抜いて結んでお腹(12)と背中(13)の間にでも隠してください。

 

クマの出来上がりです♪

 

完成したらぜひ写真を投稿してみてください。

 

スポンサードリンク

 

 

さあ準備しよう
はじめに基礎知識を学びましょう
バルーンアートって何?
風船の種類
風船を買おう
風船を買う?
風船の保存方法
ハンドポンプの種類
レシピの寸法について

 

基本を覚えよう
基本テクニックをここで学びましょう
空気の入れ方
風船の口の結び方
基本のひねり方
たらこひねり
にぎりひねり
輪ひねり
しぼりひねり
チューリップひねり
アップルリンク
バードボディー
ワープ
曲げぐせ

 

ちょっと練習しよう
簡単なバルーンで基本テクを練習
イヌで練習
ハートで練習
プードルで練習
オウムで練習
クマで練習
ブタで練習
剣で練習
花で練習
バラの花で練習
帽子で編み込みの練習

 

さあ作ろう!
いよいよ本格的に作りましょう
ミッ○ーマウス
くまのプーさん
黒猫
白ウサギ
いもむし
てふてふ
ウルトラマン
トゥイーティー
ブラッドハウンド犬
ちっちゃいうさぎ
ペンギン
カッパ
ちっちゃいくま
キティーちゃん
ポニョの妹
ハムスター(白)
にんじんうさぎ
ハムスター(色付き)
マイメロ
鉄砲(リボルバー式)
アンパンマンの腕輪
シナモン
ちっちゃいマイメロ
モモンガ

 

キュッとしたテクニック
知っておくとお得な知識です
バルーンのひねり直し
バルーンをほぐそう
球型パーツの作り方
目のシールの作り方
ヘアスプレーのかけ方
ハイフロートの使い方
新・ハイフロートの使い方
ハイフロートを入れたら…
手を使って長さを測ろう
レッドポンプの手入れ

 

バルーンよ永遠に
風船を長持ちさせる方法
バルーンを長持ちさせたい
バルーンはどれくらい持つ?
小さいのはすぐしぼむ?
バルーンは外の風に弱い?
ヘアスプレーで長持ち?1
ヘアスプレーで長持ち?2
バルーンはなぜしぼむ?
ハイフロートで超長持ち!?
ハイフロートは高い?安い?

 

TOP  さあ作ろう!  投稿しよう♪  リンク

Copyright c 2007 キュッとバルーン. All rights reserved